カテゴリ:好きな音楽( 1 )

椰子の実

f0378473_10382206.jpg
記事とは関係ありませんが、今朝炊いたむかごご飯です。


自分が今まで出会った中で好きな音楽のYouTubeを貼るカテゴリーを作りました。第一回目。

絵を描くことを再開して連想を巡らせていたら海のことを考えていました。それで思い当たったのが「椰子の実」という歌です。昔から大好きな歌です。

私が子供の頃、我が家では子供にテレビのチャンネル権はなく、歌番組やバラエティー、民放のドラマなど見せてもらえませんでした。おかげで友達の話題についていけずクラスの中で一人だけピンクレディーが踊れない子供でした。今は自室にテレビがありますが、そんなに見ることもないんですよね。子供の頃は見たかったなぁ。それに友達の話題についていけないのは今でも変わりなく、両親がテレビを見せてくれなかったからではなくひとえに私の性格によるものだと気づくまでには長い時間がかかりました。ピンクレディーは踊れないけれども新日本紀行のテーマ曲には慣れ親しんだものです。

子供の頃の自分は歌番組が見られないので、その代わりというか自分で歌を歌っていました。唱歌を集めた小さな歌集があり、その冊子を手に取って歌詞を見ながらひとりで歌っていました。「椰子の実」はちょっと難しいので(最後のところでそれまでと違うメロディーが出てくるから)歌っていなかったかもしれませんが。

海のことを考えていたのは絵を描いていて連想が転がったからです。実際に海を見たとかではありません。「椰子の実」の作詞者、島崎藤村も自分で体験したことではなく、伊良子岬に滞在したことのある柳田國男から話を聞いてこの歌詞を書いたのだそうです。そういう創作もありなんだなと思いました。


歌詞がいいです。載せておきます。


椰子の実

名も知らぬ遠き島より
流れ寄る椰子の実一つ
故郷の岸を離れて
汝はそも波に幾月

旧の木は生いや茂れる
枝はなお影をやなせる
われもまた渚を枕
孤身の浮寝の旅ぞ

実をとりて胸にあつれば
新なり流離の憂
海の日の沈むを見れば
激り落つ異郷の涙

思いやる八重の汐々
いずれの日にか国に帰らん


これから絵を描き続けていくのにきっと勇気をくれる歌だと思います。



[PR]
by yab1610 | 2016-10-21 11:10 | 好きな音楽 | Comments(0)